ベイザー脂肪吸引の超音波

 

皆様、こんにちは、

THE CLINIC の浅井智之です。
 
脂肪吸引をする理由は、
「痩身」
「豊胸のための脂肪採取」
「アンチエイジングの脂肪注入」
などいろいろあります。
それでも、
できることなら痛い思いとか、
腫れて動けないとか、
内出血で体中が紫色になったりとか、
とにかく辛い思いはしたくないですよね。
そのために、
このベイザー脂肪吸引が威力を発揮してくれます。


他にも色々な宣伝文句のある脂肪吸引はありますが、
比較になりません。
まず、
脂肪がどんな感じになってるいるかというと、

皮下脂肪

こんな感じです。
赤いスジ状のものがありますが、
これは
神経
「血管(動脈や静脈)」
「線維組織(皮膚の柱みたいなもの)」
を表しています。
闇雲に脂肪吸引をすると、

一般的な脂肪吸引

これらを脂肪と一緒に千切ってしまいます。
「神経」が切れると、
いつまでも痛みが治まらなかったり…
痺れが残ったり…
「血管(動脈や静脈)」が切れると、
出血が多くなって全体が紫色になったり…
腫れがいつまでも引かなかったり…
「線維組織(皮膚の柱みたいなもの)」が切れると、
脂肪が減った分、そのままたるみになります…
ベイザー脂肪吸引では、
まず、

ベイザー脂肪吸引のベイザー波

ベイザー波を脂肪にあてて、
神経、血管、線維組織から脂肪を遊離させます。

ベイザー波照射後の皮下脂肪

あとはさっと集めるだけで脂肪が取れます。
その結果、
赤いスジは傷んでいませんね。
つまり、
神経や血管が傷つかずに済みますので、
痛みが少なく、
腫れや皮下出血も少なくなります。
線維組織が残っていれば、
皮膚が引き締まり、
たるみも出にくくなります。
無用なダウンタイムは誰でも嫌ですよね。
ベイザー脂肪吸引であれば、
ダウンタイムを最小限にしてくれます!
 
いかがでしょうか。
 
ご興味がありましたら是非ご相談ください。
THE CLINIC 東京院でお待ちしております。