乳房拡張機器使用後の胸部のMRI画像

 

皆様、こんにちは

THE CLINICの浅井智之です。

今回は以前の記事

「脂肪豊胸に大切な4つの要素」→こちら

の1つめに紹介している

最新の乳房拡張器「ビブラBebra」

乳房拡張機器 

についてお話しします。

特に痩せている方は注目です。

意外かもしれませんが、

脂肪豊胸をする上で障害になるのが、

「皮膚が足りないこと」

です。

胸が大きくなるとその中身の脂肪だけでなく、

当然それに見合った皮膚が必要です。

乳房拡張機器の効果

器械の中を陰圧にすることで、
皮膚が引き出され徐々に伸びていきます。
さらにもう1つ、
豊胸を成功させるための効果があります。

乳房拡張機器使用後のバストMRI

これは造影MRIといって、
白い線は血管を表しています。
右の乳房拡張器使用後の写真では、
血管がかなり新生、拡張しています。
これによって乳房に酸素や栄養が多量に供給され、
注入した脂肪にも酸素と栄養が行き渡ります。
つまり、
しこりになったり、吸収されたりしにくくなります。

最後に、

何が最新かというと、

Brava(ブラバ)→Evera(エベラ)→Bebra(ビブラ)と改良され、

いまは第3世代となっています。

装用感、装用時間の短縮など少しずつ改善されてきました。

従来品では1日8時間の装着、

つまりはよほど時間に余裕のある方でなければ

睡眠時につけっぱなしという負担をお願いしていました…

全然寝れなかったゲストのみなさんすみません。

ところが今では1日1時間を2回となりましたので、

朝と夜とか、

帰宅してからと寝る前とか、

工夫して装着していただいています。

 いかがでしょうか。

ご興味がございましたらご相談ください。

THE CLINIC 東京院でお待ちしております。