スレッドリフトと脂肪注入を組み合わせたハイブリッドアンチエイジング

皆様こんにちは、

THE CLINICの浅井智之です。

 

頬がこけてしまったのと口元のたるみがお悩みだったゲストを紹介します。

50台半ばの女性です。

 

今回は、

頬(右上の○)の部分と頬コケ(左上の○)にCRF(コンデンスリッチファット→こちら)注入と、

口元から側頭部に向けてスレッドリフト(シルエットソフト)を行いました。

 

それではビフォーアフターを紹介します。

手術前                 手術後

はい、

メイクの有無はさておき、

若々しい印象になったと思いませんか?

 

では違いを解説していきます。

まず正面ですが、

手術前              手術後

手術前は耳の前あたりは少しこけていて、

下の方のふくらみが目立ちます。

 

手術後はいかがでしょうか。

全体がリフトアップした結果

矢印部分の頬骨の位置から顎先まで緩やかなカーブになって、卵型の輪郭になっています。

 

続いて斜めから見ると、

手術前                手術後

若々しさが全然違いませんか?

こちらも説明していきます。

ほっぺたのくぼみが全然なくなっていますね。

口元はいかがでしょうか。

マリオネットラインがなくなったばかりか、

フェイスラインもすっきりしました。

 

では再確認です。

断然に美しくなりましたね。

とっても喜んでいただけました。

無意識かと思いますが、表情も明るくなりましたね。

 

いかがでしょうか。

ご興味がありましたら是非ご相談ください。

THE CLINIC 東京院でお待ちしております。