シリコンバッグを除去してもっと自然なバストへ!

皆様こんにちは、

THE CLINICの浅井智之です。

今回紹介するゲストは、

15年ほど前にシリコンバッグを入れていましたが、

「硬くなってきてうつぶせになれない」

とのことで脂肪に入れ替えたいというご相談でした。

ぱっと見では変形がわかりにくいかもしれませんが、

別角度から見てみると、

左バスト(写真の右)はカプセル硬縮によって変形し始めていて、

また、シリコンバッグ特有のバスト上方が深く括れている状態でした。

デコルテから急激に胸が立ち上がっています。

 

シリコンインプラントは、

こうした変形や破損、

さらには癌になることもありますので、

摘出するに越したことありません。

もちろん、

バストがなくなっては困るので、

同時に脂肪豊胸をしていきます。

まず、

右のシリコンバッグを取り出しました。

シリコンバッグをとると明らかに左右差が出ていますね。

もちろん脇から取り出します。

クリニックによってはバスト下縁を切らないと取れないといわれることもあるそうですが、

僕の場合はまず脇から取れないことはないです。

傷もだいたい挿入時の2/3程度です。

 

続いて左も取り出します。

よく見て頂きたいのですが、

バストがなくなったどころか、

凹んでしまっていますね。

シリコンバッグを入れていると、

押されて肋骨が凹み、

乳腺も皮膚も薄くなってしまいます。

つまり…

取り出しても元のバストに戻るどころか、

凹んでしまうのです。

こちらは取り出したシリコンバッグです。

変形が強かった左はやはりすでにバッグが破損していました。

続いて

大腿と腰から「ベイザー脂肪吸引(→こちら)」を行い

脂肪を採取しました。

もちろんこれを、

「コンデンスリッチファット→こちら」に加工して、

「2.4mmヌードルインジェクション→こちら」で注入していきます。

左:手術前(シリコンバッグ)  右:手術後(脂肪豊胸)

 

いかがでしょうか。

もちろんシリコンバッグから脂肪なので、

大きくなってはいませんが、

とても自然な形になりましたね。

手術時の、

の状態を考えるとすごく大きくなっています。

いかがでしょうか。

シリコンバッグを除去しても、

脂肪に入れ替えることが可能なばかりか、

「十分な大きさ」

「自然な形」

「柔らかさ」

を取り戻すことが可能です。

ご興味がありましたら是非ご相談ください。

THE CLINIC 東京院でお待ちしております。