アンダーブーブで下乳をつくる!

皆様こんにちは、

THE CLINICの浅井智之です。

今回は、

乳房拡張器「ビブラBebra→こちら」を用いた脂肪豊胸と、

同時に「アンダーブーブ→こちら」をされた20代のゲストを紹介します。

163㎝、50kgでした。

           

何人もご紹介していますが、

このようなスリムな方の豊胸は一般的には非常に定着が悪いので、

このビブラ(→こちら)を用いて攻略しています。

乳房拡張機器

こんな感じですね。

皮膚の伸びが悪いと、

皮膚の縮む力に負けて脂肪が吸収されてしまいます。

大腿の内側と外側、腰から採取した脂肪を

「コンデンスリッチファット→こちら」に加工し、

これを、

「2.4mmヌードルインジェクション→こちら

で注入していきます。

また、

以前の記事でも紹介していますが、

バストの形を整えるため、

下乳を作るために、

「アンダーブーブ→こちら」も行いました。

 

それでは前後の比較です。

豊胸前                      豊胸後

一目でわかるくらい全体のボリュームが出ましたね。

外側は体から張り出すようになりましたね。

バストの下縁がくっきりし、

下乳もしっかりできましたね。

続いて斜めです。

こちらで見ても全体のボリュームアップがはっきりわかりますね。

下縁がないとサイズアップしても大きく見えずらいのですが、

とても素敵なバストになりました。

 

横から見ても、

下縁がくっきりしているのが良く分かります。

 

いかがでしょうか。

サイズアップには脂肪を注入するだけでなく、

胸の皮膚の伸びも重要になってきますので、

ビブラ豊胸がオススメです。

また、

サイズだけでなく綺麗な形を作るには、

アンダーブーブが最適です。

(手術中の写真はこちら

 

ご興味がありましたら是非ご相談ください。

THE CLINIC 東京院でお待ちしております。